本文へスキップ

浄化槽・受水槽の管理・清掃、給排水処理、各種水処理施設の維持管理から廃棄物 収集運搬、土木・管工事、水質調査まで
水に関わることなら岡村環境開発におまかせください。

TEL. 097-592-1924

〒870-0307 大分県大分市坂ノ市中央3丁目3番5号

各種事業案内WORK

農業集落排水処理施設

農業集落排水処理施設とは、下水道整備区域から外れた地域、主に農村地域における水質保全と生活環境の改善を図るため、生活雑排水の処理を目的とした施設です。

【総合操作盤】
○○○○○○○○イメージ

浄化槽の各機器をコンピューター制御しています。異常があれば、ここで確認できます!!






【各種機器・ブロワー類(送風機)】
○○○○○○○○イメージ

主に浄化槽の中に空気を送る機械類です。 (バクテリア(微生物)は酸素が大好きです)
※無酸素を好むバクテリアもいます。




【水質点検】
○○○○○○○○イメージ

目視による透明度確認や臭い、温度などを調べます。






【汚泥沈殿率】
○○○○○○○○イメージ

汚水処理状況
下の濁っている部分が汚泥(バクテリアを含む)です。
汚水と汚泥のバランスによって水が綺麗になっています。




【消毒処理】
○○○○○○○○イメージ

微生物の中には、大腸菌も含まれているため、

塩素剤によって消毒されます。



【処理水の点検】
○○○○○○○○イメージ

透明度や色・臭い・残留塩素などを測定します。






【排水路・放流水】
○○○○○○○○イメージ

完全に処理された水が公共の水路や側溝に放流されます。






給排水衛生設備工事業

○○○○○○○○イメージ


給排水衛生設備工事業とは、給水設備・排水設備・給湯設備・衛生器具(洗面台・便器)などを設置する工事です。

軽微な給排水工事から大規模マンション・ビルまで、施工を行います。






【工事内容】
・給排水衛生設備工事
・衛生陶器及び付属品、浴室ユニット、水洗、洗浄弁、鏡、飲料用冷水機
・ポンプ、揚水用ポンプ(横形、立形)、小型給水ポンプユニット、汚水維持排水水中ポンプ
・給湯ボイラー、ガス湯沸器、貯湯式電気温水器
・給水タンク、貯水タンク
・暖房機器、流し作業台、戸棚、食洗機、冷蔵冷凍庫
・排水器具、グリース阻集器 ・桝及びふた、弁桝、量水機桝、マンホールふた 、弁桝ふた ・現場施工型浄化槽、ユニット型浄化槽

空気調和設備工事業

○○○○○○○○イメージ


人が建物や施設で活動する中で、空気の流れや温度・湿度などを適切にするための設備工事です。

弊社は、工事・ホテル・病院・公共施設・レジャー施設・住宅などのあらゆる建物及び施設における空調・冷暖房設備工事を行います。






【工事内容】
・ルームエアコン、店舗用エアコン、ビル用エアコン
・設備用エアコン(空冷・水冷)
・チラーユニット(空冷・水冷)
・吸収式冷凍機、ターボ冷凍機軽微な給排水工事から大規模マンション・ビルまで、施工を行います。

建築物飲料水貯水槽清掃業


貯水槽清掃作業とは?


まず、貯水槽とは水道事業者から供給を受ける水のみを水源とする水道で、主として3階建以上の高層住宅やビル等の給水に用いられる方式で、水道の水を受水槽に貯水してから建築物内に供給するものです。この水をポンプで屋上等の高置水槽に汲み上げ、落差による圧力を利用して各階に給水する方式、圧力水槽を用いる方式、及び直送方式などがあります。

この方式は受水槽に水がある間は断水することはないという利点はありますが、水道事業者から給水されている水が受水槽に入れられた時点で汚染されることがあり、設備や水質は建築物の所有者や管理者の責任になります。

貯水槽清掃作業とは?

(1) 簡易専用水道(有効容量10t以上)の設置者は厚生省令で定める基準に従い、その水道を管理しなければならないものとされてきましたが、この管理基準は、供給される水の安全衛生を確保するために通常必要と考えられるものであり、その内容は次の通りです。

ア) 水槽の掃除を1年以内ごとに1回、定期的に行う事。
イ) 水槽の亀裂等によって有害物、汚水等の混入がないように定期的に点検を行い、欠陥を発見したときは、速やかに点検改善の措置を講ずる事。
ウ) 給水栓における水の色、濁り、臭い、味等の外観に注意し、これに異常があると認められるときには、必要な水質検査を実施し、その安全性の確認を行う事。
エ) 供給する水が人の健康を害するおそれがあることを知ったときには、直ちに給水を停止し、また、その旨を利用者等に周知せしめる事。

(2) (1)の管理については、帳簿を備え記録し保存すること。


貯水槽清掃作業工程

○○○○○○○○イメージ

@タンク槽の水を抜き清掃します。


○○○○○○○○イメージ

A槽内壁面を専用スポンジ、ブラシにて清掃します。


○○○○○○○○イメージ

B高圧洗浄機にて洗浄し、隙間等に溜まった汚れを落とします。


○○○○○○○○イメージ

C噴霧器にて塩素消毒し一般細菌を殺菌します。


○○○○○○○○イメージ

D槽内付帯器具の点検、ボールタップ分解清掃します。


○○○○○○○○イメージ

E槽外付帯器具の点検。


○○○○○○○○イメージ

F外壁面を清掃します。


○○○○○○○○イメージ

G制御盤の動作チェックを行います。


○○○○○○○○イメージ

H末端給水栓より残留塩素測定を行います。



遺品整理事業






  





遺品整理事業の実績


※詳細は画像をクリックしてください。
2019年8月に作業させていただきましたお客様より、
感謝のお手紙を頂きました。
特殊清掃 D邸
遺品整理 C邸
特殊清掃 B邸
遺品整理 A邸


 

有限会社 岡村環境開発

〒870-0307
大分県大分市坂ノ市中央3丁目3番5号

Mail:info@okamura-group.jp
TEL 097-592-1924
FAX 097-592-1345